はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

避難!ドリームハウス その8 

就農1348日目。

台風がやってくるとかで、直撃に備えてハウスの撤退準備です。
DSCN237309trnd.jpg DSCN237909trnd.jpg
【晴れて炎天下になったと思えば】      【10分後には真っ黒な雲と強風が・・】

稲刈りも、種まきも、果樹も野菜も、もう大変な騒ぎであります。
収穫がほとんどないとはいえ、細々と採れていたオクラヤナスにも、とどめの一撃となりそうです。

例え夏野菜が、これで滅んだとしても、守るべきものは・・・うちのドリームハウス。
DSCN236209trnd.jpg DSCN236709trnd.jpg
【今年もごくろうさま】              【片側のみ外します】

時間がないので解体はせず、風を受け流せるよう片側のみ外します。
(また冬の栽培に利用するので、全部ははがしません)

大玉もミニトマトも、まだ可能性を残してはいますが、とにかくハウス優先。
DSCN236809trnd.jpg DSCN236909trnd.jpg
【このビニール高いから】             【毎年替えてちゃ、暮らしてゆけぬ】

キュウリネットも、ゴーヤなどで緑のカーテンに覆われていると、風をもろに受けてぐしゃっといきます。
すでに雑草にのまれているネットは、緊急避難としてバラして倒しておく。
DSCN235709trnd.jpg DSCN236109trnd.jpg
【キュウリがあってもサヨウナラ】       【すでに穴だらけの育苗ハウスは・・・祈るのみ】

人事を尽くして台風を待つ。
来るなら来い!と言いたいけれど、できれば来ないでください。 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2013/10/02 10:58]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。