はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

心をコメて

就農1343日目。

8月最終週からはじまった稲刈り。
今年も呼び出される、そんなヒマは本当はないのだけれども。
DSCN233209bei.jpg DSCN233309bei.jpg
【田んぼは黄金色】               【9月いっぱいは大忙し】 


この時期は、雨や台風など天候を見極めながらの作業が続きます。
ここまで育てても、収穫が終わるまで、まだまだ油断はできないのです。
DSCN233509bei.jpg

平成25年度の新米を食卓にお届けられるまで、「米」という字をバラして八・十・八。
お米ができるまで、八十八の手間と、想いが込められているのです。

いただく側も、感謝をこめて。
関連記事
[ 2013/09/10 08:49 ] 栽培記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。