はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

甘いけど甘くはない

就農1400日目。

サツマイモ収穫にて。

DSCN010813imo.jpg DSCN013013imo.jpg
【今年は応援呼ぶ必要もないな】        【コレはいいね】


今年はほんとに不作でした。まあ、場所がよくなかったんでしょうけどね。
ここは日陰で、前作の肥料分が多いなど、ダメな理由は多いのでした。
DSCN011313imo.jpg  DSCN013113imo.jpg
【いやな予感が】                【これじゃネズミも食わんよ】

「掘る」と言うより「探す」というほうが合っている。
イモは甘いが、栽培はそう甘くはない。


その中でも、今年から「プチぜいたく」な品種をつくりました。
DSCN010913imo_20131113081310855.jpg
【紅はるか(左)と安納芋(右)】


直売所で、掘りたてをお届けすることがありますが、はじめは「でんぷんのカタマリ」。
甘くもうまくもありません。

そこで、甘くなるまで待つのです。
(デンプンが麦芽糖に変化する「糖化」という現象が進み、甘さが増していくのです)

寒くないように貯蔵して、熟成する今月下旬にお会いしましょう。

関連記事
[ 2013/11/06 05:16 ] 栽培記 | TB(1) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2013/12/09 15:00]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。