FC2ブログ

はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

Tの車窓から

就農1500日目。

畑の景色は白か茶色の繰り返し。 目立って取り立てるネタが見つからず、ブログも農閑期に入りたい2月。
それでもうちは、ネタをかき集めております。

さあ、今日は遠い畑までの半日ツアーを愛車の1シーター、オープンカーで参ります。
車窓といいつつ、窓はないのです。ちなみに道といっても信号もないのです。
GEDC0008syasou1.jpg   GEDC0009syasou1.jpg 

田んぼと畑と、ときどき民家。信号もない一本道です。
新聞回収車にも自転車にも、野良犬にも抜かれるほどゆっくりと、静かな風景をドカドカと爆音で進むトラクター。 
GEDC0019syasou1.jpg GEDC0020syasou1.jpg
20分ほど行くと、右手に荒れ地が広がり目的地到着。 ここはサトイモ、ヤーコンなどの跡地でした。
はじめはスコップもささらないほどゴツゴツしていたのが、いまは手で掘れるくらい土づくりの成果が出ています。

GEDC0021syasou1.jpg  GEDC0022syasou1.jpg
ガラガラと畑を耕うんしたら、折り返し。 

GEDC0030syasou2.jpg   GEDC0036syasou2.jpg 
集落を抜け、川沿いを走り、道が開けると、こんどは一面の田んぼです。まあ、これだけ風景が変わるということは、まだまだ街の中心地の証拠。 
少し離れた師匠農家のところ(山沿い)だと、ほとんど景色が変わりません。
ちなみに写真には車も通行人も写っていませんが、そこそこ車は走ってはいますよ、数えるくらいは。


GEDC0041syasou2.jpg   GEDC0043syasou2.jpg
ここから急に住宅街へ。 耕うん時間とドライブ時間が同じという、トラクターの旅でした。
関連記事
[ 2014/02/19 13:28 ] 日々の発見 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。