はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

トマトばっかり相手にしている場合なのか?

就農1370日目。

天井を張る作業、天気予報の風予測・風向きを見ながら、一気に広げて固定していきます。
GEDC0037tmt05.jpg  GEDC0038tmt05.jpg
【ちょっとの風でも、ぺろーんと飛ばされるので、ほんの一瞬の無風状態のときに全力を注ぎ込みます】

翌日は雨&強風の予報。今日中にマルチを張って植え付ける段取りです。
やっとこさトマトが植え付けできたので、育苗ハウスもかなりスッキリできました。

GEDC0039tmt05.jpg  GEDC0041tmt05.jpg
【今年も品種は試行錯誤】               【ここ数日はずっとトマトのことばかり】

遠目から見ると、ハウスが建って、トマトが植わってると、シゴトしたな~と思います。
目に見えるシゴトは達成感も大きいのですが、しょせんは、一品目の野菜の準備が進んだだけにすぎない。全体の作業は遅れ気味なのです。

足元には雑草がジリジリと伸びている。、地味な仕事こそ、いちばん重要なのに、もっともキツイ。 
さあ次だ、次。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。