はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

真夏の恐怖2014

就農1440日目 。

トラクターが故障しました。
あまりに古く修理不可能らしく、買うまでは当分ハンドメイドワークスです。
手始めに収穫の邪魔になりそうなところから片付け。まずトウモロコシ畑。

GEDC00038t.jpg  GEDC00068t.jpg

【トラクタ修理まで待っていたら、こんなことに・・、先延ばしのツケを存分に味わいながらの草刈り】

あの雑草がこれほど伸びるのか、と思うほど。 草丈2mを超すジャングルに分け入ります。
急きょ、人力による刈り払い作業を始めましたが、耕すわけではないので、いずれ草丈は戻ります。
GEDC00048t.jpg  GEDC00078t.jpg
【カラスでもなく獣でもなく、まさかの敵は草でした。 厚い草のジュータンに覆われて土は見えません】

これらのもっともしんどい作業はすべて機械が1回でしていました。 
秋冬野菜予定地は、ここから、草をのけて、鍬でもって土を起こします。 鍬で・・鍬一本でやるの、これ。
しかも最もタイミング悪い真夏の炎天下に!? 

今回はアクシデントというより災害級レベル。 3つの意味でゾクゾクしてきますよ。
どうなることやら・・・・・・・。
関連記事
[ 2014/07/19 22:52 ] どよーんの哀 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。