はちどき農園記 ~筑波の山のふもとから~ 

有機農業の先進地(茨城・やさと)の畑から日々の喜怒哀楽を実況しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

君に見せたい夏がある

就農1467日目

いろいろと試した果菜類、シシトウはたまに出る激辛率のリスクを避けるため、昨年に万願寺トウガラシ、そして今年はさらに食べやすい甘さの伏見とうがらしへ。 ピーマンも栄養価が高く苦味の少ないこどもピーマンを試作。

q (10)8q  q (5)8q
【伏見とうがらし】                  【こどもピーマン】

赤オクラは、色味を活かすなら小さ目に採って生で使います。(茹でると色が落ちるため)
ナスは、ふつうの、ミズナス、長なす、ベイなすなど。用途に応じて。
GEDC00178q.jpg  GEDC00188q_20140816164153a14.jpg
【赤オクラ】                      【ベイなす】

直売所からオーダーが入ったコリンキーは生食カボチャと、お盆の定番栗カボチャ。
夏播き~秋採りは、冬至用とハロウィン用に。 雑草があっても、ある程度なんとかなる野菜は強い。
q (6)8q  GEDC00188q.jpg
【コリンキー】                     【カボチャ】

いろいろ作ったのは、今回レストラン向けなどに、彩り、西洋野菜など、趣向を変えた夏にしたいと考えたからです。
とにかく見て、食べてほしいというわけで、表題は、甲子園のキャッチコピー 2005年(87回大会)より。




★★★★17日(日)直売は中止になりました★★★★

収穫状況が落ち込みはじめ、品目がそろわないため中止とさせていただきます。
また、秋にお会いしましょう!   (つくば等県内の直売は参加見込みです)
関連記事
[ 2014/08/15 17:01 ] 栽培記 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。